どうやって性病を予防する?

予防策を意識する

セックスをしないということが、性病の感染を防ぐ予防策として最もいいでしょう。

ですが、恋人がいたり結婚をしているのであれば、性交渉をするものです。

性交渉

性病に感染をしないための予防策として以下のようなことを意識するようにしてみてください。

多くの人と体の関係にならない

性病というのは症状として現れないものもたくさんあります。

多くの人と体の関係になってしまうと、誰から経由をして感染をしてしまったのか特定をすることは難しくなってしまいますし、感染する確率も当然アップすることになります。

ですから、特定の人とだけ体の関係になるようにして、完成する確率を最小限にしておかなくてはなりません。

また、万が一に備えて、自分も相手も性病検査を受けるようにするのが望ましいです。

必ずコンドームを使う

男性の中には、もっと気持ちよくなりたいから、性交渉をするときにコンドームを使いたくないという人も多くなっているのですが、コンドームというのは、避妊をするという意味合いだけではなく、性病の感染を予防してくれる役割となっています。

コンドーム

ですから、男性もちゃんとコンドームを付けることはモラルの一つなのだということを認識しておくことが大切ですし、女性も男性に言われたからといってコンドームを付けずに性交渉をすることは拒否しましょう。

挿入をするときだけではなく、フェラやアナルセックスをした場合でも、感染をしてしまうことは多いですから、世紀への挿入以外の時でもコンドームを装着しておくことをオススメします。

性に対して正しい知識を知る

性病というのは、発症していても自覚症状がなく気付かないことが多いです。

そのため、自分でも気づかない間に相手に感染させられてしまう場合もあるのです。

性に対してだけではなく性病に対しても知識を蓄えるようにして、少しの違和感も見逃さないようにしましょう。